<   2006年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

追加工事の金額が決まりました

a0049398_23331393.jpg

トップメゾンさんの名古屋ショールームで追加工事の見積もりを頂いた。前回、写真のようにタイルとか瓦とかの選択をしたので、それと併せての見積もりになる。
かなりイタいのはイタいが後からリフォームや改装する事を考えたら多分相当安い。
例えば階段下のスペースを物置にするのに40万円以上かかったりする(消防の関係で庫内に耐火性がないといけなかったりするそうだ)。一階のペット共生仕様についてはペットを飼われるお客様にご負担をお願いする面もあるのできっちり頑張ってみた。入居される予定のお客様に楽しみにしていていて頂きたいのは『洗面台』。チョット頑張ってみました。
でも、あんまり調子に乗ると4月からの銀行の返済が・・・・・。

アパートを建てても当然、消費税を取られる。手数料だ登記だ水道だなんだかんだと総額5千ウン百万円に消費税5%なので250万円以上も払わなければならない。普通の業界ならこれをお店のレジで最終消費者に請求してしまう。実際、マンションを買うと販売業者から価格×5%の消費税を取られる。もちろん販売業者がフトコロに入れていると言うのではなくて販売業者も建設業者に消費税を払い、建設業者は原料・資材を仕入れる時に消費税を払っている。最後は当然国に行くのだが、壮大なババ抜きと言ってもいいハナシである。ただ、モノと言うのは原料→製品となる間にだんだん価格が上がり、5%を掛けていくと消費税の額も「川下」に行くほど高くなっていく。先にも書いたが普通の業界ならお客様に請求してめでたしめでたしなのだが、アパートの大家さんは家賃に消費税を掛けてはいけない事になっているのだ。「なぜ」と聞かれても困る。聞きたいのは僕の方です。
ところがここに来て、払いすぎの消費税を国税庁から返してもらう「還付」と言う制度を利用すればほとんど取り返せると言うハナシが出てきた。
浦田健さんと言う『カリスマ大家界さん』が書いた「金持ち大家さん」になる マル秘裏マニュアルにやり方が書いてあった。相談先も書いてあり、相談すると税理士の先生を紹介してくれた。その税理士の先生は二つ返事で「やれます」と答えてくれた。アパマンショップさんの担当の方が税理士の先生に聞いてくれたが「無理」と言われたそうである。それでもその税理士先生は「100人に2~3人くらいしかできない」と豪語している。
そもそも『マル秘裏マニュアル』ってなんで『マル秘』『裏』でなくてはならないの? って言っても本屋で売ってる時点で『マル秘』でも『裏』でも何でもないのだが・・・・。何だかビミョウにオカシイです。考えれば考えるほど怪しいです。でも250万円って実を言うとこの大家さん業の年収より遥かに多いのです。

どうすんのよ?! オレ!!    続く・・・・・

クロネコヤマトのブックサービス
[PR]
by citi_bank | 2006-01-16 23:32